iPhone修理を非正規の修理店に頼むメリットとは?

待ち時間が短くてすぐに対応してもらえる可能性が高い

iPhone修理は正規のお店でも非正規のお店でも、修理技術に関するクオリティは基本的には変わらないと言われています。ただ非正規のお店の場合は比較的待ち時間が短くなっているのですぐに対応してほしい、修理してほしいと言う人にはおすすめされていますし、タイミングによっては即日対応している場合もあるようです。
これは正規のお店の場合は一定の手順で修理を進めなければいけない分時間がかかってしまうところがある反面、非正規のお店は故障している部分や修理しなければいけない部分に着目した限定的な修理を行っているからだと考えられます。この違いによるデメリットはもちろんありますが、とりあえず修理だけしてほしいと言う場合には便利だと言えます。

データをリセットされないところが最大のメリット

iPhoneは正規のお店で修理をする場合、故障している箇所以外にも全体に不具合が生じていないかどうかチェックしなければいけません。そのためには一度データをリセットしてアクティベーションをする必要があるため、修理をお願いするとデータのバックアップをしておかなければ全てリセットされてしまいます。
ですが非正規のお店の場合は全体の不具合をチェックする必要はないので、データをリセットするところはほとんどありません。もちろん全体に不具合が生じているなど故障の内容によっては、修理する段階でデータをリセットしなければいけない場合もあります。ですがほとんどのケースではデータをリセットする修理はないため、その点が最大のメリットだとされているのです。