iPhone修理を非正規の修理店に頼む時の注意点

純正のパーツが使われない

iPhoneの修理は製造メーカー以外でも請け負っています。非正規の業者に修理を依頼するメリットは、なんと言っても費用の安さです。ただ、注意点もいくつかあります。具体的にどういった点が挙げられるかというと、まず、修理に使われるパーツがオフィシャルのものではないという点です。
iPhoneの製造メーカーは、部品メーカーに対してiPhone専用のパーツを発注します。当然、純正のパーツはiPhoneの製造メーカー以外に使うことができません。そのため、修理に使うパーツは互換品ということになるのです。もちろん、修理業者は互換品の動作検証を行っていますが、正規のパーツと比べるとスペックが低いこともあるので、壊れる前のiPhoneと完全に同一の性能という風にはならない可能性があります。

メーカー保証が無効になるかもしれない

iPhoneの製造メーカーの保証から外れてしまうというのも、非正規修理業者を使う場合の注意点です。メーカー保証は、iPhoneのケースを開けると、その時点で無効になる可能性があります。さらに、非正規修理業者が純正品ではないパーツを取りつけたということになると、無効になる可能性はほぼ100パーセントです。なので、メーカー保証を継続させたいというのであれば、製造メーカーか、もしくはメーカー公認の業者に修理を依頼するようにしましょう。
ただ、メーカーに修理を依頼した場合、本体まるごとの交換、あるいはメモリをリセットされるなど、内部のデータが完全に消えてしまう可能性が高いです。なので、保存データを維持したまま修理してくれるという方が、メーカー保証の維持より重要なのであれば、非正規修理業者に頼んだ方がいいでしょう。